ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 歩屋7周年記念 展覧会西淑さんによる『7年目の日常』25日まで | main | 歩屋・初の海外出店 ソウル『空中キャンプ』にて >>
2012.12.26 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.01.06 Friday

あけまくもかしこみ2012年もよろしくお願いします。


あけまして
おめでとうございます。

2011は本当に色んなことがありまして
悲しさや 辛さ
喜びや 笑い
驚きや 充実

どれもこれも
自分なりにではありますが
受けとめて

2012年も
コトコト頑張ってゆきたいと思います。

どうかよろしくお願いします。

昨年 末の12月 
無事に7周年をむかえられて

願っていた 西淑さんの作品展も無事終了

高知でも淑さんの世界をご紹介できたこと
本当に嬉しく思っています。
この時で終わらず、何かに繋がっているのが
わかります。
こんな私でも役に立つことが出来て光栄です。

そして・・・

夢だったかもしれない? キセルさんのライブも無事終了
キセルブログ

『また来るっす。』
来て欲しいっす。
ぜひ今年も高知来ていただきたい!と
温めています。
温めすぎて 爆発しないように
気をつけます。

キセルのお兄さんが
『僕たちの音楽はよく中途半端だと言われます。』と
言いました。
私がキセルの音楽を好きなのは
そこなんだろうなと思います。
中途半端はネガティブに聞こえますが
私にはちょうどなんだと伝わってきます。

それは
本当にゆっくりと

自分が思っているよりも
キセルの音楽は テンポもそうですが
ゆっくりなんです。

伝わって来方も
しずかに ゆっくりと。
気づかさせてくれます。
それが ちょうどいいのです。


11月には
園部信教くんのカナカナ演奏会も無事終了
暮には『カナカナ上映会』をと
皆さんで忘年会

その時集まった方のお店の曲も演奏してくれて
カナカナバンドも恋しいけれど
1人カナカナ。
薪ストーブの前で
山小屋みたい・・・
 ほんとうは こんな風に
こじんまりと あたたかく
皆さんで囲むのが幸せです。



少しふりかえって
2011年の夏
夜の牧野植物園での音楽イベント
SAKEROCK LIVE MITICUSAライブ
では
大変お世話になりました。

そのサケロックのベース 田中馨くんが
抜けてしまうという
最後のライブが
渋谷であり、これは行かなければ!と。
12月26日
向いました。
1600人集まった会場
でも・・・
馨くんは
特別な日でも
いつもと同じように いい演奏をされていて
それが かえってグッとくる ライブでした。

前向きなそれぞれに
アツくなりました。

そんな田中馨くんのバンド

『ショピン』
今年こそは
高知に呼ぼうと計画中です。
楽しみにしておいてください。
高知初ですよ!

お江戸では
もちろんお約束の?寄席を聞いてきました。

たった一枚のお座布の上で
なんの飾りもなく 
話術で色んな世界に誘ってくれる

そんな世界が大好きなんです。

ようこそのお運びで
またこの一年やっていけたらと思います。

そして お後がよろしくなりますように。

よろしくお願いします。

歩屋

2012.12.26 Wednesday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR